If you want to see my work, go to library.

Title: If you want to see my work, go to the library.

Year: 2000

Medium: paper, photo print, performance

Description:

 

Lawrence Weiner said these words when he gave us a lecture. I put this sentence in the exhibition space, then got on the roof of the building seen from the library and cleaned it.When people came to the library, they saw my work spontaneously.

 

"If you want to see my work, go to library."

 

1999年5月にCCAに来たローレンス・ウィナーはレクチャーの席でこういった。

CCAには大きくはないが非常に充実した現代美術のライブラリーがあり、ローレンスの作品集もたくさん置いていた。このフレーズには、スライドで自身の作品を見せることだけにレクチャーの時間を使うのはもったいない、 "Let's talk about art now !"という意味合いが含まれていたように思う。

さて、ローレンスは作品のスライドショーをやらずに話したのはどんな話だったか。

 

肝心なことはすぐに忘れてしまうのだが、この言葉はずっとのこったのだろう。

 

一方、私たちがスタジオとして使用していた建物の隣には八幡市立図書館がある。

八幡図書館の閲覧室は二階で、階段で二階に昇る途中の折り返しの踊り場には窓があり、図書館を訪れる人はどうしたって窓に一回向き合う作りになっている。窓の外に見えるのはスタジオの屋根、かつては尾倉小学校の体育館だった建物だ。

 

2000年3月の終わりの一週間、スタジオには上掲の紙ぺらを貼り、毎日屋根に昇って掃除をした。

 

(2000年/CCA北九州リサーチプログラムオープンスタジオ)

 

 

八幡図書館の閲覧室へ向かう階段
八幡図書館の閲覧室へ向かう階段
図書館の窓から見えるスタジオの屋根
図書館の窓から見えるスタジオの屋根
屋根の上から見た八幡図書館
屋根の上から見た八幡図書館